CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< マテ劇場 | main | W杯が終わって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
決勝について真面目に書いてみようと思う

W杯も終了し、やっと現実に戻ってきつつあるわけです。
まぁ、あと数日はW杯気分でしょうね。

さて試合後の変なテンションで書いてしまったので真面目に決勝についてもう1回だけ書きたいと思っていたり。
決勝とは思えないようなしょっぱい試合だった気がしないでもない。
でも予想はできていたしょっぱさ。
そしてそれに勝るハプニングの嵐。
いきなりアンリは脳震盪起こしてたし・・・。
最初のPKって明らかに当たってない気がするのは僕だけですか?
別角度のカメラのリプレイだと当たってないような気がしたんだよねぇ・・・。
まぁ、主審がPKっていうならそれはそれで仕方ないけど。
今回のW杯は微妙な判定が多かったように思えたり・・・。

PKでフランスが先制したもののピルロのCKをマテ兄貴が決めてイタリア同点。
正直、腹が痛くなるぐらい笑いましたYO
もうアホなんじゃないかとw
W杯2得点ってwwwww
おめでとうマテ兄貴w

その後は惜しいシーンもありつつ、お互い攻めきれずに延長へ。

リッピはなんでインザーギを入れないんだろうねぇ!
キープもできないピエロさんよりきっと役に立つのにさ!
なんて思いつつ見てましたよ。

延長に入って眠気もピークになった時、ジダンやっちゃった・・・な展開
あれで思いっきり目が覚めましたw
ジダンの後姿がさびしそうでリプレイで見て泣きそうになったり。

イタリアはPK戦に弱いのでやばいかなぁって思ったら案外普通に入れてましたね。
ブッフォンってPKの読みがあたんねぇええええええwwwwwww
どこまで外すのか別の意味で楽しかったですw

なにはともわれイタリアが優勝。
ピルロがあんなに喜んでる姿が見れて良かったですよ(*´ω`*)
インザーギもガッツも本当に嬉しそうだったし。
ドイツの優勝も見たかったけど、これはこれで良かったw
イタリアおめでとう。そしてお疲れ様。
フランスもお疲れ様。
大会の始まった当初からヤバイんじゃないかって言われてたのに、ここまでこれたって凄いと思いますた。
ジダンに最後の花道を歩かせてあげたかったけどね・・・。


ジダンとマテラッツィについて
日本のTVでジダンの頭突きについて明らかにマテラッツィが悪いみたいな報道をしているけど、どんな形で挑発されたり侮辱されたとしてもピッチ上だけじゃない色々な場所で暴力を振るうのは良くないし、今回のジダンの行動は最低だと思う。
マテラッツィが何を言ったのかもわからないし、何もして無いかもしれない。
でも手は出してない(見えないマテパンチがあったかもしれんがw)
だからあんな形で自分を抑えれなかったジダンの負けなんだと思う。
みんな人種差別発言をしたんじゃないかって言ってたけど、それはジダンが否定してるみたいね。
つかねマテラッツィはチームメイトが人種差別を受けて怒って反対運動を始めたんだよ。
そんな人が人種差別するかつーの。
でもまぁ、何か言ったんだろうね・・・。

ジダンにはがっかりした。
最後だからこそきちんとどんな形であれピッチの上にいて欲しかった。
素晴らしいプレーヤーとしてみんなの尊敬の眼差しを浴びて、そのまま綺麗に引退して欲しかったのに・・・。
最後の最後で彼のキレ性がでてしまったみたいですね。
てかジダンはキレやすい性格だって日本のマスコミは知らないからあんなにマテラッツィが悪いって感じの報道ができるんだろうね。

マテラッツィは人を殴るよ。蹴るよ。
殴った言い訳は「怖かった」とかアホなこと言うよ。
みんなから悪者扱いされてるよ。てか悪者ですよ。
おいらもミランの選手が殴られてるのを見てるからね。
でもみんなが人格者って言ってるジダンも日本のTVはやらないけど酷いことをしてるんだよ。
だからマテラッツィばかりが悪人でジダンは人格者ってそれは偏見だと思う。
結局は2人が真相を話さなきゃわからないけど、W杯の決勝という全世界の人が見ている舞台でこんなことが起きたのが悲しくてならない。
ジダンの最後がこんな幕切れとは・・・虚しいです。
ああ、本当に虚しいよ。ジダンのアホ。

おまけ
マテラッツィの行動
1996/97シーズン
ペルージャvsミランでマテラッツィがマルディーニを挑発。それに引っ掛かったマルディーニが肘打ちで一発レッド。
デュガリーも挑発しレッドに追い込む。
1999/00シーズン最終節
ユベントスvsペルージャでペルージャが勝利しユベントスは最終節にして優勝を逃す。
ラツィアーレのマテラッツィはユーベの面々が落ち込むはたで大喜びしユーベの選手と乱闘。
2001/02シーズンの最終節
インテルはラツィオに破れ最終節で優勝をユベントスに奪われる。
セーザルに「早く2ゴール決めろよ。スクデットが待ってるぞ」と挑発されたことにより試合後に乱闘。
止めに入った関係ないネスタまでぶん殴られる。
2002/03シーズン
インテルvsニューカッスル。マテラッツィの”見えないパンチ”がベラミーに炸裂、マテラッツィに掴みかかったベラミーは自分だけ一発レッドを受ける。
2002/03シーズン
ミラン戦でシェバの腹にケンカキックをお見舞い。
イエローで済んだが「あれはレッドでもよかったかもね」と試合後にさらっと言い切る。
別の試合だがルイ・コスタやピッポもマテキックを食らっておりミラン公式サイトにて特集が組まれる。
シエナ戦で試合に出ていないにも関わらずベンチ脇から「チリッロしょぼいぞ!狙っていけ!」と野次を飛ばしまくる。
試合はインテルが圧勝するも試合後にチリッロがマテラッツィの肩を掴んだ瞬間にマテパンチ炸裂チリッロは取材にきたテレビカメラの前で切れた唇と顔のまま登場し涙の訴え。

マテラッツィ曰く「チリッロに呼び止められ乱闘になりそうで俺は”怖かった”。彼が殴ろうとしたので”怖くなって思わず”反応してしまったんだ。すまなかった」と発言。
187cm、75kgと大柄なチリッロに対し恐怖感を抱いた193cm93kgのマテラッツィ。これにより2ヶ月の出場停止。

ジダンのキレ性
1998年フランスW杯 
サウジアラビアの選手を両足で踏みつけ(2試合出場停止)
ユベントス時代
2000年チャンピオンズリーグ
ハンブルガーSVの相手DFキエン選手へ頭突き
馬乗りになり頭突きをし、相手は顔面骨折した。
この時、キエン選手は暴言を言ってないとされてる。マークが激しかっただけらしい。
(5試合出場停止)
レアル・マドリード時代
2004年リーガ・エスパニョーラ
ムルシアの選手に対して頭突き
2005年リーガ・エスパニョーラ
ビジャレアルの選手に対して突然平手打ちをする
今回のW杯でも韓国戦で警告累積、次の試合が出場停止になった際、競技場内の扉を蹴り壊したりしている。

まぁ、どっちもどっちの痛さという話
| 2006 W杯 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no8.jugem.cc/trackback/339
トラックバック